TEXTILE HOUSE c-she-c*que BLOG
部屋に帰ろう!
last update 2009/04/27 18:27
ショッピングへ戻る  HOME  個人情報保護方針  特定商取引法  カゴをみる

What's up!! (^_^;

Contents

おすすめ商品

追加柄 「トレリス』
モリスの初期の作品がいっぱい!
サンダーソン新作”OPTIONS"
シンプルな中にも優雅さが薫る大人の生地です。




 
HOME > c-she-c*queコルクボード > 横浜という田舎

横浜という田舎

店内を丁寧にご覧になるお客様が、「この店で使っている木の枝とかはどこから持ってくるの?」
とよくお尋ねされます。
それは。。。。ここです。

ここは....これでも横浜です。
いっ、岩清水??どこから、なぜ?
 
まぁお気づきの方もいらっしゃると思いますが、横浜唯一の渓谷といえばここしかないのであります。そして私の生まれ育った場所ということだけなのです。
近くに浄水場があり、その水がこの支流を経て帷子川へ、そして海へ。。(多分)最近でこそここは公園として成り立ちましたが、つい数年間前までは私が子供の頃だった頃そのまんまの佇まいで存在しておりました。今回はそんな「オレ田舎」のご案内。。お供はオレチャリです。(blogっぽいナァー)

階段なんか付いちゃってますけど、子供同士でしか知らないルートがあり、いつしか道になる、といった大きな森でした。その道は近所のガキ大将から伝授されます。
湿った空気はむかし通り、少し怪しいまま..
その昔ここは「いっちゃ行けない場所」であったのは言うまでもないのですが、むしろ「行くに決まっていた」場所であったのも言うまでもないわけで。。。

昔はもっとドブ川でキッタナイ、臭い水でして、午後になるとサイレンとともに浄水所から、これまたキッタナイ濁流が子供にとっては恐ろしいほどのスピードと水かさで我々男女混合のキッタナイガキ達に襲いかかってきましたっけ。。
必ず一人は何かしらの被害に遭いました。
(かるーく流されたり、靴が右足分だけになったり。。)
       でも、そんな「被害」がその日一番面白かったりして。

それがこんなに綺麗になるとは。。。



見上げた森の顔も変わっていないかな。。 ありがたい。

      森を抜け出すと、そこはほぼ農家。





皆様方に守っていただいたのでしょうね。この森は。。。


アスファルト以外ほぼ変わらない通学路。切り通しの道。通いたい。。


こんな目線だったかなー。今も何かが棲んでいる気が。。。

おまけ

遊び終えた夕暮れには、だいたいこの店の駄菓子等で締めていたっけ。しっかし変わらないなー!!色も一緒じゃん!どっ、どんだケェー。

物干し台....ツバメの巣....ってあんた、あのまんまじゃない!!うーん。どこにいるかわからなくなってきた。
ちなみにこのお店のシャケは最高です。こう見えても必ず「夏鮭」を仕入れます。うまいんです。「鮮魚」の看板に偽りなし。

今日の反省
横浜は「みなと」でも「元町」もなく私にとっては「森」なのでした。

その他c-she-c*queコルクボードはこちらから>>

Powered by kokoushya co.

 

カレンダー


Link!!

最近のじじ&もやにゃん

「さて」っと...
洗濯物取り込まなくっちゃ!
カメラ目線。
グラビアキャット!
がお
gao
moya
グラビアキャット2
zizi the beauty!
美咲ちゃん顔.. (~_~;?
のびてます。
秋は猫も日当たりも長ーく..
影もねこなんだなぁ..
oyasumi
何か嬉しいみたい。手をモミモミしていました。